競馬を教える?
カテゴリ:競馬予想
2歳馬にとってデビュー戦で起こる現象はほとんどが初体験。
各陣営、各騎手は初戦には相当な神経を使う。この場合、経験のある人間(騎手)が競馬を教えるように乗る、
というのが通常のスタンスだが、これに異を唱える人がいる。
元ジョッキーで、現在はトレーナーとして活躍する二人・・・中竹、松田博調教師だ。
松田博師は「騎手が競馬を教える? そんなわけないだろう。馬がレースという舞台に慣れることはあるけど、
騎手は競馬で馬に乗って操作するだけ。1回乗っただけで教えるなんてできるはずがない」と言い切る。
中竹師も「以前、福永が“(武)豊さんが乗ったら馬が変わった。競馬を教えるのがうまい”と言った時に“それは違うぞ”と言ったんだ」
その根拠は二人とも同じ。「毎日の調教の積み重ねによる学習がすべて」という考えだ。
例えば馬群に馬を入れて我慢をさせる、という文言をよく耳にする。これも中竹師によれば
「前と横に馬を置くなどして調教をする。それを覚えるまで辛抱強くやり、馬が対応できるかがすべて」
反復することで身に着いたものだけが実戦で生きるという。もっと初歩的なこと、手前の替え方、息の入れ方、ハミの受け方など、すべて調教に反映されるのだ。
では「馬に競馬を教える」という表現が当たり前に使われるのは?
「(馬を操作し切れず)負けた時の言い訳として使い勝手がいいからでしょ」と中竹師。
もちろん、これは冗談も交じっているのだろうが、実戦を知っている「元騎手」の肩書に注目して損はないと思っている。
スポンサーサイト
2007.09.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
プロフィール

8810 2CA

Author:8810 2CA
タイム分析は金になる!?
でTime is Money
タイム指数
過去DETA検証
の競馬予想です。

相互リンク
PR
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
GOLF
FC2カウンター
クリテックス
フリーエリア