スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


有馬記念③
カテゴリ:競馬予想
今年最後の中央競馬。

早くも1年が過ぎる、今年も色々あったが
どうにか、1年過ごせた。

来年は本厄になる。厄年のマイナスパワーを
プラスに変えれれば、大きな飛躍に期待できるかも!

とりあえず、自分の都合のいいように考えられるのが、
俺の強さである。

JRAの最終日は毎年、3R買うことにしている。
中山 有馬記念
中京 尾張特別 最後におわり特別なんてすばらしい。
そして、阪神 ファイナルSである。
このレースを買わないと、締めが出来てない気がする。

悲しいかな、明日も仕事である。
結局、12月はまだ一日しか休めていない。

結果はVTRで見ることになるが、仕方ないな。

最終結論としては◎ドリームジャーニーとなった。
今年は毎年、馬券対象の4歳馬の出走のない異常事態。
しかも5歳馬もドリームジャーニーだけである。

春の実績、ローテション、能力適性を考えて、選んだ。

対抗はセイウンワンダー、DATA一押しの馬である。
この馬は、いつも堅実に走る馬。
かなり切れるタイプではないが、この時期の中山には
合うキャラクターだ。勿論、実績、能力も十分足りるはず。
◎に近い○である。

後はミヤビランベリ、AR共和国杯の勝馬。
近年は、アドマイヤジュピタ・スクリーンヒロー等の
G1馬が出てくる出世レースである。
今年の当レースのレベルは悪くない。

又、有馬記念で穴をあけるパターンの今年の実績である。
是非、押さえておきたい。

悩むのがブエナビスタである。
53㌔の恵量は有り難い。ライバル、レッドがJCで3着
今年のメンバーでは簡単に切れなくなった。
頭は無いと思うが・・・

そして引退レースが気になるが中山の鬼
マツリダゴッホと神戸新聞杯の再現が出来ればイコピコも
差は無い。名手に乗り代わりどんなレースになるか見ものだ

イコピコの成績を見ると面白い。
近走は4着・1着・4着・1着・4着・4着と同じ着順が並ぶ。
発見したのが近走のレース結果である。

重賞初出走がラジオNIKKEI杯 3着  3番ストロングリターン
その後は神戸新聞杯の出走  2着 13番リーチザクラウン
          菊花賞 2着  3番フォッゲタブル
       前走鳴尾記念 1着 13番アクシオンとなる。
順番で行けば今回は3番 ミヤビランベリが3着以内となる。
なんか的中できそうな気がしてきた。

そして今年最後のネタ馬だが・・・

理由を書くと人間性を疑われるので、詳細は省くが、
爆弾馬と呼べるほどの人気薄である。

テイエムプリキュア

何故、出走するのか疑問があったのだが、
調べていくとなんとなく解った気がした。

本線は◎○だが、夢を買うつもりでプリキュアからも
遊んでみよう。
スポンサーサイト
2009.12.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


有馬の前に・・・
カテゴリ:競馬予想
今年の競馬もいよいよフィナーレを迎える。
日曜日はグランプリ、有馬記念である。

その前に土曜競馬で一稼ぎといきたい。
ラジオNIKKEI賞である。

本命はコスモファントム

先週、朝日杯ではトーセンファントムを強く押したが
故障発生で14着引退となってしっまた。

今週もファントムを推奨する。
人気は圧倒的にヴィクトワールピサだが、現段階の
能力指数はこの馬が一番である。

完成度の高さに期待する。

相手も京都2歳Sで2着に敗れたメイショウホンマル
久々のレースで余裕のある馬体で2着、上積は大きい、
カワカプリンセスの弟でもあり、将来性も見込める。

2頭を中心に前出ヴィクトワールと素質馬アドマイヤプリンス
スピード値の高いヘイダーリン・サクラエルドールを買いたい。

後、2Rの未勝利戦のスクーデリアピサに注目している。
人気で2走とも負けているが、フサイチエアデールの子供。

デヴュー前は評判の馬だった。人気を落とすようなら
買ってみたい素質馬である。
2009.12.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


有馬記念②
カテゴリ:競馬予想
有馬記念②

古馬とDATA的に嫌な馬を考慮しよう。
上位人気するであろう、
マツリダゴッホとドリームジャーニー。

両馬とも中山との相性はいい。
ゴッホは勝った1昨年のローテーションで
好感が持てる、後は年齢的な衰えがあるかどうかである。

ドリジャもJCをパスし秋3走目での有馬記念。
万全の態勢での出走であるはず。

ネタ的には今年はインフルエンザが大流行した。
一昨年、猛威を振るったのが馬インフルエンザである。
インフルエンザ(ゴッホゴホ)咳の音?
この年の覇者はマツリダッゴッホ
今年も買いたくなる、ゴッホである。

後、気になるのが今年充実したミヤビランベリ
と天皇賞馬マイネルキッツくらいである。

過去10年、勝馬は3歳か4歳である。
15年に遡っても、サクラローレール(5歳)
一頭のみである。しかし今年は4歳馬の出走がない。
勝馬は3歳馬からでるのだろうか?

DATAから消したい馬!
①8歳以上の馬、過去15年で3着以内無し。
今年は8歳馬カンパニーが天皇賞・マイルCSを勝ち
気になるところだがDATA的には要らない。

エアシェイディ・コスモバルグが該当

②複勝率50%以上、
100%では無いが98%が該当する。
コスモバルグ・テイエムプリキュア・ネヴァブション
マイネルキッツシャドウゲイト・菊花賞馬スリーロールスが消える。

③牝馬
過去15有馬記念に3着以内に来た牝馬は4回
ダイワスカーレットが2回であるが、共通するのが、
有馬前に古馬混合のG1レース勝があると言うこと。

ブエナビスタ・テイエムプリキュアは苦しい。

勝馬に限れば、3歳馬は前走菊花賞3着以内、それ以外は勝利
3歳に限らず、JC出走馬は3着以内が浮き上がる。

DATA的の今年の勝馬はセイウンワンダーだけが残ることになる。

今のところ、セイウンワンダーVSドリームジャーニー
と2歳王者(朝日杯勝ち)の対決と見ている。

次回は今年最後のネタ馬を探してみたい。
2009.12.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


有馬記念①
カテゴリ:競馬予想
16頭中、7頭の3歳馬が出走する今年の有馬記念。
今日は3歳馬について考えたい。

日本漢字能力検定協会が公募で選ぶ今年の漢字は「新」である。
「新」といえば伝説の「新」馬戦と呼ばれるレースがある
去年の4回京都6日目の5レースだ。

1着 アンライバルド
2着 リーチザクラウン
3着 ブエナビスタ
4着 スリーロールス 
と今年のクラシック勝馬が名を連ねたレース。

結局、このレースに出走した11頭中10頭が勝ち上がる
レベルの高いレースとなった。

奇しくも、GI馬4頭が、再び有馬記念で、再戦する。
人気は、ブエナか、鞍上でリーチと言うところだが、

DATAと時計的には3歳馬からはセイウンワンダーが一押しである!
安定した能力で、崩れたのは馬場が悪かった
弥生賞とダービーである。
良馬場なら信頼がおける
菊花賞3着以内の直行組は、有馬では買いである。
父も朝日杯を勝ち、有馬記念2勝
中山は強いかもしれない。

スリーロールスにも同じことが言える、
今年の菊花賞は、例年より高レベルのレースだ、
時計的にも早く、前半5Fが1分を切るペースであり、
3000mの長丁場だが、1F13秒台に緩んだのが1回だけの流れ、
そのぺースで、先行して勝ちきったのは高い能力の証である。

取捨が難しいのがアンライバルドである。
京都2勝、中山2勝である。
皐月賞の時の豪脚には唖然としたが、その後は不振が続く、
もしかすると、マツリダと同じく中山では能力全快かもしれない。
今回は試金石として買ってみたい。

ブエナは早熟血統だと信じている。
ダイワスカーレットやウオッカの様な凄みは感じられない。
俺は軽視している。

イコピコの鳴尾記念の負けは気になるし、ルメール騎乗の
フォゲッタブルは春の天皇賞で買いたい馬である。

3歳馬としては、セイウンワンダー、スリーロールスが
怖い、アンライバルドは保留中と言う事で・・・


ネタ的にもセイウンが3枠に入れば大きく買いたい!
2009.12.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


俺の話を聞け!
カテゴリ:競馬予想
先週の阪神2歳のG1は久々の正攻法、
タイム理論で完璧に仕留めた結果になりました。

今週はネタ馬で攻めていこう。

今年の大一番、有馬記念前の大事なレース。
万券GETなら幸いである。

単純に思うのが今週のゲスト、土曜中京はドラゴンズの選手
日曜の阪神Cのゲストはタイガースの選手である。

『野球ネタか?』と思える設定である。

今週の中山の重賞はメジャーと言えるG1朝日杯。

野球界のメジャーではやはり松井選手のエンゼルス移籍
が今週の話題である。
エンゼルスのチームカラー赤の3枠に
ダッシャーゴーゴー(55)が入った。

当然買いでしょう。

桜爆進王の産句で1Fの延長は微妙だが前走苦手の梢重で
人気のエイシンアポロンの0.4秒差ならまだわからない。
前々走ではこの時期では珍しく56㌔を背負っての
圧勝劇を見せた同馬に劇走の期待をよせる。

相手はこのレースと相性の良い東スポ杯組。
狙いはとうせん、いや当然ファントムである。
スローな流れを驚異的な上がりで2着に来た馬である。

G1勝ちの無い薔薇一族よりは信頼が出来る。
過去にも東スポ杯上がり最速馬は朝日杯での信頼度は高い。

ライバルとなるデ杯組の勝馬が、出走ない今年は期待が高い。

相手はデ杯2着でスピード持続型のエイシンアポロン
薔薇一族で大物の期待感があるローズキングダム
前走は圧巻のラップで古馬900万クラスの走りを
見せたキングレオポルド、中山マイル2戦2勝ニシノメイゲツ

そしてもう一頭、地味ながら安勝騎乗のエイシンホワイティ
特に強調材料は無いのだが、同馬の母はライジングサンデー

そのまま朝日である。とりあえず入れておこう。

だが本当の勝負レースは阪神カップだ!

前半でも述べたがゲストは中日と阪神

阪神カップ 6枠12番 ドラゴンファング
      8枠18番 エイシンタイガーと
タイムリーな馬名が出走する。
『しょーもなー』『あほらしい』との声が聞こえそうだが

まぁまぁ >『♪俺の話を聞けー♪』
おおータイガードラゴンやん

しかしながら、ドラゴンファングは阪神1400阪急杯3着
エイシンはCBC賞2着と重賞実績はある。

しかも両馬とも芝1400m 4着以下なし
阪神芝コース4着以下無しと適正は十分である。

しかも人気が無いのなら狙って当然である。

今週の特別レースは時期的にクリスマス関連の
レース名が多い。

阪神Cは、有馬前のJRAからのクリスマスプレゼント
と受け止めて単純に買ってみようと思う。

なんでも自分の都合の良いように解釈できる
それが『俺流』である。

相手は適当に考えてください。
ザレマなんか面白いと思うけど・・

面倒くさくなったんでこれで終わろうと思う。
この身勝手さ・・・・ それも、俺流である。
2009.12.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

8810 2CA

Author:8810 2CA
タイム分析は金になる!?
でTime is Money
タイム指数
過去DETA検証
の競馬予想です。

相互リンク
PR
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
GOLF
FC2カウンター
クリテックス
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。