スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


考天皇賞
カテゴリ:競馬予想
土曜重賞の本命キンシャサノキセキは快勝して
くれたが馬券は不的中だった。

救いはアドマイヤプリンスが無事新馬勝ちで
来年のクラシックに期待をよせる。

明日は天皇賞。
毎日王冠については以前に述べたが、今回は
京都大賞典組を探ってみたい。

京都大賞典組は過去10年で3-3-1-10と毎日王冠に
次ぐ好成績である。

しかし近年は不振が続いている。
その原因はペースにあると見る。

大賞典でSペース、上がりだけの競馬で好走した馬は
天皇賞では通用しない。

ナリタトップロード・ゼンノロブロイ・Sウィーク等
天皇賞で好走した馬は緩みの無いペースで勝ち上がっている。

天皇賞はスピードの持続が必要であり、前走で前半、楽をした
馬の好走は少ない。

オールカマー組が不振なのは同じ理由である。
今年は、勝馬より久々59㌔の2着、Dジャーニーに
好走の余地を残す。

話はそれたが、今年の大賞典勝馬 オウケンブルースリ
タイム的にはかなり買える馬である。

TMプリキュアが逃げる展開、5F通過は59.1
かなりのHペースである。
一見、展開の利で勝ったと思えるが、上がり34.1でまとめる
好内容、59㌔での勝利で評価は高く考えられる。

現段階での有力馬
ウオッカ       但し、単はないと見る
カンパニー      昨年より相手弱化、8歳馬ながら侮れない存在
シンゲン       府中得意も能力は微妙、ここが試金石
ドリームジャーニー  5歳にして本格化、府中は気になるが・・・
オウケンブルースリー スピード競馬が疑問?も血統的には大丈夫
ホッコパドゥシャ   個人的な買い馬
エイシンデピュティ  能力は見劣らない、勝ち負け出来る馬

とりあえず時計的・常識的に買えるのは上記である。
とっておきのネタ馬?は明日公表します。
スポンサーサイト
2009.10.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


土曜重賞
カテゴリ:競馬予想
天皇賞の資金作りにまず、京都
土曜の重賞レース、スワンステークスで勝負である。


本命はキンシャシャノキセキである。
気難しい馬ではあるが、タイム指数1位、スピード指数2位
と、能力はGI級である。

後はフランスの名手、スミヨシの手腕に期待するだけである。

GI2着、2回の実績で、57㌔、他馬と比べても有利だし
叩き2走目で、更に躍進が期待できる。


3連複の1頭軸に指名する。

相手は、近走不振で人気を落としたファイングレン
京都1400は得意なトレノジュベリー
1200は短く1600は長いと思われるレース振りの
マルカフェニックス。大穴で1昨年の3着馬Dウェルズを抜擢。


後はネタ馬で、今週の話題はプロ野球のドラフト。
注目の菊池くんの交渉権は、西武埼玉ライオンズが獲得した。
単純にドラフトつながりで、アップドラフト。

注目は先週菊花賞で、人気で敗れたリーチザクラウンの姉
クラウンプリンセスが同じ、5枠9番で出走する。

なんとなく、押さえたい1頭である。

来月5日のコンペに向け、少しイレコミ気味の私だが
冷静に、馬券検討はしたいと思っている。

少し、下降気味の運勢の近況だが、ここで浮上の予感がしてきた。
詳細は省かせてもらいますが・・・

後、注目は新馬戦のアドマイヤプリンス
私が今年POGで指名した中で1番人気がある馬。
是非とも期待したい。ここを勝って、暮れラジオ短波に向って欲しい。
2009.10.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


人気馬を切ってやる。
カテゴリ:競馬予想
天皇賞の枠順が決まりました。
注目のウオッカは4枠7番に。

俺のネタ馬は7枠にはいりました。

G1馬が半数の9頭と豪華な顔ぶれの今年のレース。
現段階での注目馬はカンパニー・エイシンデピュティ

そして、新潟記念の勝馬ホッコーパドゥシャである。
個人的に新潟記念勝の直行馬は、買いと決めている。

レッツゴーターキン(古!)オフサイドトラップで万券を取った
記憶が蘇る。ウオッカを差しきるシーンに期待大である。

後は危険な人気馬(実績馬)を探っていきたい。
①アサクサキングス  天皇賞(春)からの臨戦は過去20年まで
           さかのっぼても、3着以内無し。

②シンゲン      オールカマー0.3差3着、得意な東京に変わって
           人気しそうだが、現段階でのスピード値は低い。

③マツリダゴッホ   御存知!中山専用馬

④ウオッカ      思い切りました。やはり昨年の天皇賞以来、
           マイルを超える距離の成績が安定していない。
           ウオッカといえば、豪快な差足を想像するが、
           近走は、先行抜け出しの競馬が多く、ペース
           次第では、馬郡に沈む可能性もありえる。

           そして、能力の衰え。
           昨年と同じく、毎日王冠を逃げ2着、今年も
           万全の体勢かと思えるが、昨年と今年の毎日王冠
           レベルが違いすぎる。
           単順に時計差でも0.9秒、昨年より遅い。
           馬場差に違いは少ないのだが、去年は自らレース
           を作り、道中、1F11秒台のペースで上がり33.8。
           今年は、間に12秒台を2回刻む暖ペースだったが、
           上がりは同じく33.8である。
           ウオッカの能力なら33前半の上がりが出るはず
           明らかに、全盛期のウオッカには遠い。

           少なくとも、7冠の達成は難しいと考える。


ネタ馬は、週末に公表します。大荒れの期待もできる天皇賞やわ
2009.10.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


俺の秋はこれから
カテゴリ:競馬予想
ブログのテンプレートを変更しました。

心機一転、でこれからのレースに臨む決意です!

今週は天皇賞、注目はウオッカの7冠であるが、
少し、気になることが一点。

最近のレース振りや使い方をみると、なんか
マイラーの馬になってしまったのではないかと・・

2000mはギリギリのような気がする。
シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、
ディープインパクトと過去の7冠馬は名馬中の名馬

簡単には勝てないと予測する。

今年のメンバーでは毎日王冠同様、逃げる展開になるかも
しれない。昨年は強力なライバルが前にいて、いい展開に
なったが、ウオッカがハナをきると何かに差される気がする。

今週は、ウオッカを差し切る伏兵馬探しとなる。


話は変わるが、先週ゴルフに行った。
今年、最高のスコアが出た。

今はよく、かなり振れてボールを捕らえている。
好調の秘密は、朝練である。

最近は仕事も忙しくなく、時間に余裕がある。
それで、朝一番で練習場によく通う。

さすがに、毎日は無理だが、週3・4日は行っている。

やはり、何事も努力が必要だと実感した。
来週は、コンペがある。
是非とも、上位に食い込みたい。

天皇賞GET!で気持ちに勢いをつけ、コンペに参加したい。

実りある秋になればいいと思う。

(なんか普通の日記になってしまった。)
2009.10.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


ネタが浮かばない菊花賞!
カテゴリ:競馬予想
秋華賞と違い、軸馬が見つからないこのレース。
人気は春の実績馬、リーチとアンライそして
夏の上がり馬、イコピコである。

リーチ、アンライには折合いの不安があるし、
イコピコには京都実績が無い。

しかし、近年の菊花賞は圧倒的に神戸新聞杯組が優勢である。
人気の3頭は神戸新聞杯組である。

内容的に見ると、
前半5F60.3 後半5F59.0と完全な前残りのレースを
差しきったイコピコが人気馬の中では最も信頼できるとみている。

マンハッタンカフェ産駒で、距離も克服できるはずである。

距離が距離だけに、やはり血統が気になる。
ダンスインザダーク産駒の2頭、スリーロールスとフォゲッタブル
スリーロールスの母父Bタイムだしフォゲッタブルの母は名牝エアグループ

一発があるかもしれない。

今年はセントライト組が面白い。
先週も書いたが、秋華賞、菊花賞の穴馬は前々走、古馬900万勝ち、
前走、トライアルでそこそこのパターンだ。

セントライトの2着馬、セイクリッドバレーをピックUPしてみる。
何故?こんなに人気が無いのだろう。
穴党としては、ほっておけない一頭である。

そして4着のアドマイヤメジャー、3連勝後のセントライト
出遅れたが、メンバー最速の上がりで、0.2差なら悪くない。

『リーチはリーチでも近藤リーチ!』あるんちゃう?

不安要素は沢山あるが、買わずにいられないのが
ブレイクランアウト。

秋華賞では、自信のイン馬券が不発に終わった。
インがだめならアウトで攻める。

常識的には狙えない馬ではあるが・・・

しかし、ブレイクランアウトには、大統領の後押しがある。
これは、かなり『強烈ー』である。


菊花賞と大統領に何の関係があるねん!と突っこまれそうだが、
『♪ちっちゃい事は気にすんな・・・・♪』みたいな。

なんか、へんな芸人入ってる感じがするけど。

まぁいい、無理やり大統領とこじつけよう。

オバマ大統領といえば『Change』である。
今月にはノーベル平和賞も受賞している。

      そこで    ブレイクランアウト
 唯一の外国産馬、  所謂  マル外(アウト)
今回のゲートは8枠18番、  大 外(アウト)

スリーアウトでChangeである。(ゴメンなさい・・

◎イコピコ
▲スリーロールス、アドマイヤメジャー、フォゲッタブル
△リーチ・セイクリットバレー・セイウンワンダー・
と影の実力馬シェーンヴァルト
そしてブレイクランアウトで買ってみる。

混戦なので3連複で手広くいきたい。
2009.10.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

8810 2CA

Author:8810 2CA
タイム分析は金になる!?
でTime is Money
タイム指数
過去DETA検証
の競馬予想です。

相互リンク
PR
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
GOLF
FC2カウンター
クリテックス
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。